PCとコーヒーと資料

ERPの導入効果のメリットは企業経営のスムーズ化にあり

SITEMAP

ERPで経営の合理化を実現するには

経営効率改善の切り札として期待されるERP。企業内の資源を統括的に管理することで経営を見える化し、ムダを省いたの合理的な経営の実現が期待されるERPですが、ERPは導入すればいいというものではありません。
ERPの最大のメリットは情報の一元管理を通じた資源の合理的分配です。これまで見えなかった企業内のあらゆるデータを一元化することでムダを省き、最適化を達成する資源配置がかなうのがERPの最大の強みです。しかし、現実問題としてERPを活用して経営を合理化するのは簡単なことではありません。企業内における資源でも生産資材や資金などは容易に代替可能ですが、人的資源については代替性が低く必ずしもERPによる合理化は達成されません。
重要なポイントはERPにより将来の流れを予測することです。移り変わりのはやい現在の市場では、現時点で合理化が達成されたとしても、変化に対応できなければあっという間に時代遅れになってしまいます。ERPを導入して短期的な合理化が実現しても、その資源配分が将来にわたって最適であるという保証はどこにもありません。
ERPの導入効果は短期的効果と長期的効果の両立を目指す必要があります。短期的には利益を残っても長期的には利益が期待できるならば総合的には合理的で、その判断を最終的に下すのは人間です。ERPを通じた最適な経営判断こそが本当の意味での合理化を実現します。

トピックス

ERPの導入を成功させるカギは社員の声に耳を傾けること

資源管理を効率化するERPを導入する企業が増えています。しかし、ERPは導入すれば直ぐに効果が現れるタイプのシステムではありません。ERPの導入成果は正しい運用法によってのみもたらされます。高い費用をかけてERPを導入しても、運用に問題があれば経営効率の改善どころか、かえって資源管理が複雑化し…

MORE

ERPの導入成功には明確なゴールが必要

企業経営をスムーズにする効果が期待されるERPですが、優れたシステムを役立てるには優れた使い方が求められます。高いコストを払って導入したERPも使い方を間違えれば宝の持ち腐れです。ERPを導入後にやるべきことは、明確なゴールの設定です。「データ収集をリアルタイム化したい」「生産工程管理…

MORE

注目の記事

ERPで経営の合理化を実現するには

経営効率改善の切り札として期待されるERP。企業内の資源を統括的に管理することで経営を見える化し、ムダを省いたの合理的な経営の実現が期待されるERPですが、ERPは導入すればいいというものではあ…

MORE

ERPシステムの導入で情報の一元化を図ることのメリット

会社の業務効率を上げ、リアルタイムで各部署での売り上げや動向を把握できるERP。ERPとは「Enterprise Resources Planning」の略語で、人、物、お金の3つの情報・データ…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP