PCとコーヒーと資料

ERPの導入効果のメリットは企業経営のスムーズ化にあり

SITEMAP

ERPシステムの導入で情報の一元化を図ることのメリット

会社の業務効率を上げ、リアルタイムで各部署での売り上げや動向を把握できるERP。ERPとは「Enterprise Resources Planning」の略語で、人、物、お金の3つの情報・データをまとめて管理できるシステムのことを指します。ERPを導入していない会社の場合、社員に関する情報は人事部や総務部が管理し、売り上げは営業部で、また入出金や資産に関しては会計部などで管理しています。これらひとつひとつの情報やデータを参照するには、各部署に対して問い合わせをしたり、ミーティングを行う必要があり、時間と手間がかかります。これに対して、ERPを導入している会社の場合、すべての情報が一元化されているので、今後の方針などを決定するのに必要なデータをリアルタイムで得ることができます。
ERPを導入するメリットは、それだけではありません。社内のすべての部署の動きが誰にでも見えるようになるので、部署間のつながりが強くなり、新しいアイデアが出やすくるというメリットもあります。ERPシステムのおかげで、社内の人、物、お金の動きが可視化され、これにより現状と目標の差もはっきり見えるようになります。会社全体としての目標も立てやすく、社員のモチベーションの向上にもつながるなど、さまざまな導入効果が得られます。社内に情報の一元化をもたらしてくるERPシステムをぜひ導入してみましょう。

トピックス

ERPの導入を成功させるカギは社員の声に耳を傾けること

資源管理を効率化するERPを導入する企業が増えています。しかし、ERPは導入すれば直ぐに効果が現れるタイプのシステムではありません。ERPの導入成果は正しい運用法によってのみもたらされます。高い費用をかけてERPを導入しても、運用に問題があれば経営効率の改善どころか、かえって資源管理が複雑化し…

MORE

ERPの導入成功には明確なゴールが必要

企業経営をスムーズにする効果が期待されるERPですが、優れたシステムを役立てるには優れた使い方が求められます。高いコストを払って導入したERPも使い方を間違えれば宝の持ち腐れです。ERPを導入後にやるべきことは、明確なゴールの設定です。「データ収集をリアルタイム化したい」「生産工程管理…

MORE

注目の記事

ERPで経営の合理化を実現するには

経営効率改善の切り札として期待されるERP。企業内の資源を統括的に管理することで経営を見える化し、ムダを省いたの合理的な経営の実現が期待されるERPですが、ERPは導入すればいいというものではあ…

MORE

ERPシステムの導入で情報の一元化を図ることのメリット

会社の業務効率を上げ、リアルタイムで各部署での売り上げや動向を把握できるERP。ERPとは「Enterprise Resources Planning」の略語で、人、物、お金の3つの情報・データ…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP