PCとコーヒーと資料

ERPの導入効果のメリットは企業経営のスムーズ化にあり

SITEMAP

ERPの導入は企業経営にどんな効果をもたらすのか?

交渉

資源の一元管理を通じて経営効率の改善を目指すのがERPの基本的な考えです。
ERPの導入が企業経営にどんな効果をもたらすのか?一言で説明するならば「戦略のリアルタイム化」です。
今日における企業経営はスピードが何よりも重視されます。地球の裏側の情報が一瞬で届けられる現在、社内手続きや情報把握に時間をとられていてはビジネスチャンスをみすみす逃してしまいます。最速での情報把握は企業の最重要課題のひとつですが、ERPを導入することでスピーディーに情報を把握しリアルタイムでの最適な経営判断が実現します。
ERPの導入効果のひとつに「全てのセクターのシームレス化」というものがあります。従来型の組織では人事や生産、開発や営業などそれぞれのセクションが縦割り型で活動していましたが、ERPを導入することで組織内の情報が全て一元的に管理されます。セクションはそのまま継続しても実質的にはひとまとめに管理できるので、各部門の資源配分をリアルタイムに最適化するような経営が実現します。
結果としてERPの導入は企業内の壁を取り払う効果を得られます。無駄な社内会議や手続きは不要になるので、意思決定の時間は大幅に短縮されます。経営判断ひとつで全社が一丸となるような経営体制がERPによって実現します。

ERPの導入により経営は透明化される

企業が保有する複数の資源を一元的に管理する運営システムがERPです。ERPは企業経営の効率化を促すシステムですが、ERPを導入すればいいというものではありません。ERPの導入効果はどのようにシステムを活用するかによって全く異なります。優れたシステムも運用する人間が凡庸では真価は発揮されません。ERPにも同じことが言えます。ERPの本質を知り正しい使い方をすることが経営効率を改善する唯一の近道です。
ERPの導入により期待されるのが経営の透明化です。ERPを導入することで企業内の資源の流れは一元的に管理され、データとして明確に残ります。従来型の企業システムでは各資源ごとに別々に管理が行われることが多く、同じ会社内でもセクションが異なると実情が全くわからな位という状況が珍しくありませんでした。
ERPは複雑に絡み合う企業内の資源の流れを一元的に管理し、だれにでもわかる明確な形でデータ化します。客観的に理解できる形になることで企業の経営は透明化を果たし、ブラックボックスになりがちな企業経営の風通しを良くする効果をもたらします。
企業経営の透明化が実現すると経営に対する意見や提案が活発になります。一握りの人間が経営を抱え込むことはなくなり、判断ミスやヒューマンエラーなど人的リスクの低減効果をもたらします。

ERPの導入は生産現場の最適化を促進する

資源の一元管理により経営効率改善をめざすのがERPです。ERPとは企業内におけるヒト・モノ・カネの流れを一元的に管理するシステムのことで、特に生産現場において劇的な効果をもたらします。
企業における生産活動の理想は「最小の資源で最大の生産」です。なるべく少ない資本でできるだけ多い生産量を確保する、そんな最適化が実現すれば企業効率はこれ以上ないほど理想的な結果となります。
しかし、現実問題として生産活動を最適化するのは簡単ではありません。生産現場にはロスがつきもので、予想外のトラブルや計画の変更により資源のムダが出てしまうのは避けられません。社員の経験や余剰の生産対応により対応するのが一般的ですが、裏を返せば常に一定量のムダが出ている状態とも言えます。
ERPを導入すると全ての資源管理を一元化できるので、生産現場にどんな資源がどれだけ必要なのかをリアルタイムで管理できます。余剰分を最小化し、必要分を適時投入することによる生産効率の改善がERPで期待される導入効果です。
リスクマネジメントとしての余剰分は最低限必要ですが、ERPによりリアルタイムの生産状況を反映させることでコストは最小限におさえられます。これまではベテラン社員の感と経験頼みだった生産現場も、ERPにより効率的な管理が実現するという理想的な効果を得られるでしょう。


生産現場の最適化を促進するソフト【Dojo(ドージョー)】を利用してERPの効果を実感してみてはいかがでしょうか!誰でも手軽に&誰が作っても高品質なマニュアルの作成が可能ですよ!

トピックス

ERPの導入を成功させるカギは社員の声に耳を傾けること

資源管理を効率化するERPを導入する企業が増えています。しかし、ERPは導入すれば直ぐに効果が現れるタイプのシステムではありません。ERPの導入成果は正しい運用法によってのみもたらされます。高い費用をかけてERPを導入しても、運用に問題があれば経営効率の改善どころか、かえって資源管理が複雑化し…

MORE

ERPの導入成功には明確なゴールが必要

企業経営をスムーズにする効果が期待されるERPですが、優れたシステムを役立てるには優れた使い方が求められます。高いコストを払って導入したERPも使い方を間違えれば宝の持ち腐れです。ERPを導入後にやるべきことは、明確なゴールの設定です。「データ収集をリアルタイム化したい」「生産工程管理…

MORE

注目の記事

ERPで経営の合理化を実現するには

経営効率改善の切り札として期待されるERP。企業内の資源を統括的に管理することで経営を見える化し、ムダを省いたの合理的な経営の実現が期待されるERPですが、ERPは導入すればいいというものではあ…

MORE

ERPシステムの導入で情報の一元化を図ることのメリット

会社の業務効率を上げ、リアルタイムで各部署での売り上げや動向を把握できるERP。ERPとは「Enterprise Resources Planning」の略語で、人、物、お金の3つの情報・データ…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP